ダポキセチンを通販で安価で購入しよう

早漏防止の薬としてダポキセチンは興奮を鎮めて射精までを長くしてくれる効果があります。また早漏という男性にとって深刻な悩みでもあるため通販を通じてお薬を購入する方が大変多く、当サイトでは安価で信頼のある通販サイトをご紹介させていただきます。

ダポキセチン・射精・生挿入について

ダポキセチンとは近年、早漏の治療薬として用いられている医薬品成分です。
元々はうつ病の治療薬に使われていましたが、射精を遅らせる効果がわかり、ポゼットやプリリジーなどが開発されています。

薬を飲むだけで早漏が改善すれば嬉しい限りですが、ダポキセチンには幾つか副作用があります。
ダポキセチンの主な副作用のリスクは吐き気・頭痛・めまい・下痢・眠気などです。

実際にダポキセチン成分が入っているポゼットやプリリジーを服用した方の中には吐き気・頭痛・下痢の症状が出た方もいます。
飲むだけという手軽さはありますが、自分には合わないと感じたら服用をやめる事もリスク管理の一つです。

射精とは性的興奮が頂点に上り詰めたとき男性の性器から精液が放出される事です。
具体的には2段階あり、前段階で精液が尿道前立腺部分に蓄えられ、放出過程では蓄えられた精液が尿道を通過・経由して外尿道口から一気に押し出されます。
射精と呼ばれるものは放出過程で起こるものを指します。

射精の回数や勢い、精液の量は個人差がありますが、回数は普通の人は1から2時間に1回程度と考えられていますが稀に2回以上の回数をこなす人もいます。
勢いはだいたい17から25センチの間が普通で禁欲していたりすると90センチ以上飛んだ例もありました。
精液の量に関しては平均3・5ミリリットルで精嚢に再び精液が満たされるのには2から3日間かかります。

生挿入とは、性行為を行うにあたりコンドームなどの避妊具を付けないで性器部分を結合する事です。
生挿入をしたまま膣内に精液を放出した場合は妊娠の可能性が高くなします。
生挿入で精液を放出する時だけ男性器を抜いて体外に放出する行為もありますが、この場合は妊娠の可能性はありません。